無性にのどが渇き

たくさん水を飲んでいると

蟻たちがものほしそうに

こちらをみている

みるみるうち近づいてきて

私の足を一列になって

次から次へと登り始め

私の体を埋め尽くし

穴という穴から

侵入してくる



蟻たちは血液とともに

体の中を駆け巡り、蝕み

私は痩せこける

指先から溶けだした私は

ドロッドロッの墨になって

流れ出し何も見えなくなる

やがて一つ目の六本指の

巨大児となって生まれ変わり

呼吸困難になり

母親とともに息絶える



蟻たちの存在に気がついたとき

速足で逃げだせば良かったのだ

追いつけないくらい

遠くの街に着いたら喫茶店に入って

アーモンドとピスタチオをつまみに

シナモンをたっぷり入れた

砂糖抜きのカプチーノを一杯飲む

できるだけ全身に行き渡るように

そうすれば悪夢など見ずに

シャキッとすることができたのに





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ