「二十分かかって

二匹買えたたいやき



前の女のひとが十匹買って

買えるかどうか

心配になったたいやき



そんな風に苦労して

買ったたいやきを

食べられた



人間は物事を考えて

行動しないと

自分や相手を

傷つけてしまう

ことがある」



我が子が作った

二つ目の詩は

思いやりにあふれた

その優しさが

まるで金子みすゞのようで

あたたかい





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ