都会の雑踏を

速足ですれ違う

その他大勢の顔を

思いだすことはできない



猛スピードで走り去る

超特急に乗っている

人らしき人の顔を

判別することはできない



認識さえできれば

感じることはできるのに

把握さえできれば

理解することはできるのに



大きすぎず速すぎず

身体と鼓動に心地よい

ライトサイズがある

ライトスピードがある



あまりにも

膨大で壮大で巨大なものに

出会った瞬間

あなたは途方に暮れるだろう



でも、決してあきらめない

「探究心」さえあれば

きっと真実を見極めることが

できるだろう



あまりにも

超速で音速で光速なものに

出会った瞬間

あなたは無力になるだろう



でも、知らないと気が済まない

「好奇心」さえあれば

きっと正体を捉えることが

できるだろう



無理だと思った瞬間に

すべては終わる

限界はあなたの心が作るものだから

限界は必ず乗り越えることができる





※「若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ」(集英社新書)を読んで





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ