どうしたら

浮浪者のいない社会を

創れるのだろう

みんなが平等ならいいのに

と息子がつぶやいた



平等な社会じゃなくて

公平な社会を創らないとね

働いても働かなくても

収入が一緒だったら

誰も働かなくなるだろう



社会全体の生産性が落ちて

みんなが貧乏になってしまう

競争して生産性を上げた方が

全体が底上げされて

みんなが豊かになるんだ





だけど浮浪者が街に溢れている

パパも滑り台を落ちないでね

明日は我が身だよ

仕事を分けてあげられないの

と息子がつぶやいた



安いものばかり買い求めては

悪循環してデフレになる

新しいことに挑戦すれば

だんだん景気が良くなって

仕事が増えてくる



働くことも大切だけれど

遊ぶことも大切なんだ

ワークシェアリングとか

ワークライフバランスとか

そうやってお金は循環している





老後の不安のない社会を創れば

貯金などせずに

欲しいものを買うんじゃない

景気って気分なんでしょ

と息子がつぶやいた



そうなんだけど

どうやってそんな社会を創ろうか

誰かに面倒見てもらおうなんて

若い人に負担を押し付けないで

自助自立の生き方を貫こう



商機を求めて海外に出ていくか

新技術でマーケットを切り開くか

リスクヘッジばかりしてないで

リスクテイクしなくちゃね

それが成長するってことだから





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ