きみと手をつなぎながら

遠い港まで歩いて行けば

いつまでもこうしていたいと

離れられなくなる



いっそのこと海の向こうまで

このまま歩き続けていたい

沖へ進めば水底に沈んでしまうけれど

ずっと一緒にいることができる



きみの船出をここで見送ろう

やっぱり次の港まで送っていこう

きりがないとわかっていても

手を差しのべずにはいられない



舟は自分で漕ぐものだ

誰かに漕いでもらうものではない

誰も助けてなどくれやしない

いつかは旅立つ時が来る





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ