腹が減りすぎて

マンションの植栽の陰で

ふらふらして

うずくまっていると



人の良さそうなおじさんが

覗き込んでは

ああでもないこうでもないと

途方に暮れている



家に帰って

餌を取って来てやろうか

いやそんなことをしたら

子猫はここで毎晩鳴くだろう



獣医へ連れて行って

治療してもらおうか

いやそんなことしたら

家で飼わなくてはいけなくなる



うちの子は犬猫の毛の

アレルギーだから飼えないよ

ごめんな、

かわいそうだけど、ごめんな



振り切るようにして

その場を立ち去ったおじさんは

段ボール箱を持ってやってきて

ベランダの片隅が寝床になった





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ