眠れない夜が続いて

気分がささくれだっている

着ているものは脱ぎ捨てて

肌を目いっぱい露出する



人目に触れない

隠れたところから

けものの匂いが漂い

何もかも剥き出しになる



のどの渇きを潤すために

本能のおもむくままに

恰好つけてなんかいられない

太陽の季節



シェイプアップした腰を

さりげなくアピールして

はちきれそうなボディに

目のやり場がないくらい



ギラギラした目つきの

通りすがりの誰かを

振り向かせることなんて

わけもないことだ



恥じらいなんて

どこかに置き忘れてきた

あるがままが美しい

太陽の季節





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ