「俺を殺す気か」

ゲリラ豪雨のどまんなかで

思わず叫んだ

雨が襲いかかってくる



いくらワイパーの速度をあげても

視界はゼロだ

ハンドルをとられタイヤも水没寸前で

思ったように回転しない



猛烈だった熱帯夜を冷ますかのように

叩きつける土砂降りの雨に

命の危険を感じれば

立ち往生するしかない



橋の下は通れない

川のそばは危険すぎる

一番早く辿り着くために

迂回路を考えて一か八か賭けてみる



早く助けにいかなくちゃ

白く濁った闇の向こうには

愛しい君が待っている

早く助けにいかなくちゃ





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ