d1dd2aaf.jpg



暗い洞窟から空と海を見ていた

漆黒の闇に浮かぶ青い地球さえも

心の中で感じていたに違いない



生きている時間は遥かに長くなり

ものごとの移り変わるスピードは

猛烈に速くなって



私はあなたの見ることのなかった

空と海を知っているはずなのに

波に流されて漂っているだけだ



あなたは知っていたのだろう

青空の向こうの宇宙のことを

計り知れない人間の可能性を



真理は万物に宿っていることを

本当のことは遠くにあるのではなく

自分自身の中にあることを



私が見ている空と海は

暗雲が立ち込めて雷鳴がとどろき

荒波が静まる気配はない



※「空海と密教美術展」を観て





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

人気ブログランキングへ